2018年02月07日

雪で外出不能!自宅でできるアートセラピーはいかが?

うー、寒いですね!
何度目の寒波か分からなくなりましたが、久々の大雪の年だと感じています。
なるべくなら外に出たくない・・・お子様が小さければママは尚更そう思いますよね。
E7576C8E-BD35-4260-B3DD-1B07D3A62534

とはいえ子どもはエネルギーに溢れています!たまにはそのパワーを紙に向けたらいかがでしょう?
上手に描く必要はなく、好きな色で「グワーッ」と思い切りやればいいのです。
実はコレ、結構なストレス発散になるんですよ!
大人にもオススメです
色鉛筆でもクレヨンでも、水彩でもOK!紙だって新聞紙があります!
紙が大きいと、なおさらパワーを使ってスッキリ
「まだ物足りない」という人には、それを破ることをオススメします。部屋中に撒き散らして下さい!だんだん楽しくなってくるはずです。

そして発散後は、みんなで仲良くお片付けして下さいね
お部屋もスッキリして一石二鳥だね
れぷれHPはコチラ http://lepre2.net/







ari_work at 06:12|PermalinkComments(0)れぷれNews 

2018年02月02日

大雪のセラピー体験会!

日本全国が大雪の中、先週末に就学前のお子さま対象の体験会を自宅にて行いました。
ただでさえ郊外の団地内に位置する我が家は、雪の為分かりにくさに拍車をかけ、到着するのに苦労されたようです。
そんな状況で来て頂けるのは、本当にありがたいことです。

5才~7才のお子さま達は、初めての場所で知らない人に「自由に絵を描いてね~」と言われても、なかなかガードは解けません。なのですぐ描くのではなく、一旦遊んだり話をしたりして、少しでもリラックスできるように心がけています。

今回は課題を出した絵から、本人が感じている家族像を読み解き、ママにお伝えすると同時にママはどんな風に感じたかフィードバックをしてもらいました。
日々の慌ただしさに任せて、子供たちとしっかり向き合うことは出来そうで出来なかったりする部分でもあります。
「何となく感じていた事に、さらに確信が持てた」
「それとなく心配していた事に直面し、対応を考えるきっかけになった」
ママとのお話で、そんな雰囲気を感じ取れた気がします。
アートセラピーは決して悪いことばかりが露呈するものではなく、様々な事に気付かされるきっかけにすぎません。しかし、不思議とそれに向き合い自ら答えを導き出せるようになったりするのです。
結構ナゾな教室のイメージなので怪しがられますが、流行りの塗り絵セラピーとかスクラッチアートも同類です。ね?変じゃないでしょ?

C710EDFE-6ED2-4E3B-BC06-10BA3FE57EF4

れぷれHPはコチラ http://lepre2.net/


ari_work at 22:19|PermalinkComments(0)れぷれNews 

2018年01月14日

新年明けまして、虹!

今年は雪模様の年明けで、足元の悪いなか、それでも初詣に行くのはある意味ルーティーンなのだと自覚しております。行かないと、やはり居心地が悪そうな気がします。

今年は元旦、2日と外出先で虹を見ました!
不思議と何だかいい気分♪
無条件で「イイことありそう~」と思ってしまいました。
人って単純・・・とはいえ複雑な心の感じ方も持ち合わせているから不思議なんですよね。
476F8968-0FF8-4524-9A4D-DFA2DB17CAE7
虹を見ると、昨年Nちゃんが描いた虹の絵を思い出しました。堂々と描いてある大きな虹は、彼女の中に未来への展望を感じさせるエネルギーがあります。
そういう絵を見ると、こちらも元気がもらえてる感覚があり「ありがとう」と思っちゃいます。
こういうことも、支えあっているという関係になるんでしょうね。
4688AF98-CED8-4804-ABE1-9060EFD42160
今年はさまざまな出会いに感謝する年にします!
よろしくお願い申し上げます

れぷれHPはコチラ http://lepre2.net/


ari_work at 15:51|PermalinkComments(0)れぷれNews 

2017年12月24日

箱庭セラピーの効果はいかに・・・?

12月初旬に、地元のママ向け情報発信をしている業者さんとHP掲載のお話をしました。
自分の絵画教室の紹介をした際に、ミニ箱庭もあるということで少し触れて頂きました。
担当者さんは「うわぁ、コレ面白いですねー!」と楽しそうでした。見ている私も嬉しくなりました。これぞ箱庭の醍醐味ですから、と。
大人になると頭ばかりで物事を考えてしまい、あーでもない、こーでもないと悩んではカチカチになりがちです。事実、私も考え込むタイプなので該当者であるのですが、箱庭で砂をいじっていると、いつの間にか無心になっています。
たまに子供時代を一瞬思い出したような気になることもあります。
箱庭では答えが必ずそこにあるわけではないのですが、不思議と満足する何かを得られるような気がたまにすることがあります。カタルシス効果なのか、ノスタルジーに浸れる満足感なのか人それぞれかもしれませんが、不思議な感覚は大人には新鮮です。
自分で作った作品は、あまり意味付けて見ないようにしてます。あくまで気分転換。
そんな風に気楽に箱庭を使える教室にしたいと、改めて思うクリスマス・イブなのでした。

れぷれHPはコチラ http://lepre2.net/
62521365-597B-4503-9667-832330109F54
ari_work at 20:29|PermalinkComments(0)れぷれNews 

2017年11月23日

こどもの絵が語る本心とは…?

先日、お子さんの絵をママへお返しとフィードバック(今の絵から、どんな状態にあるのかをお伝え)する機会がありました。

お子様の絵もそれぞれ個性がでているので、ママ達の反応も様々。
「あぁ〜、やっぱり!前から薄々そうじゃないかな〜と感じていたんですけど、これでハッキリしました!」と納得顔のママ。
「え?そうなんですか?それって大丈夫なの?」と?マークがついた顔のママ。
そうした対話のなかでお互いの感覚をすり合わせ、お子さんの状態を確認し合いました。もちろん絵の見立てが100%真実ではないので、そのような兆候が見られる、という前提です。
1つのモチーフが描かれていても、それが好きだから描いたのか、嫌いだからなのか、個人的に特別な意味合いがあるのかによって読み解く内容も変わってきます。面白いですよね。
お子さんの気持ちや傾向が少しでも分かれば、ママがお子さんへ向ける目も変化するのではないでしょうか。

アートセラピーは老若男女、年齢を問わず体験できるところが魅力なので、体験できる機会を広げていきたいと思います!
れぷれHPはコチラ http://lepre2.net/
IMG_0084

ari_work at 11:14|PermalinkComments(0)れぷれNews